ブログ記事⑤

「Flash Coffee」は受賞歴のあるバリスタが監修した高品質なコーヒーをお手頃価格で楽しめるコーヒーチェーン。

専用のアプリを通して、注文・カスタマイズ・支払が可能で、来店時間の設定により、待ち時間なくドリンクを受け取ることができる(店頭での注文・購入も可能)。

「grab & go」スタイルを取ることで売り場面積を最小限にし、アプリからの注文受付により回転率を上げたことで、コストカットに成功。

その分をドリンク価格に還元し、高品質・低価格を実現している。

ブログ記事④

2020年の創業以来、またたくまにアジアで200店舗を展開するなど怒涛の勢いを誇るコーヒーチェーンをご存じだろうか。

本社のあるシンガポールに加え、インドネシア、タイ、台湾、香港、韓国で人気を博している「Flash Coffee」だ。

12月4日、東京・表参道に日本1号店をオープンする。

ブログ記事①

中国不動産大手・中国恒大集団(本社・広東省深圳市)の経営危機問題で、地元政府が本格的な介入に乗り出すことが明らかになった。

債務不履行(デフォルト)に陥るリスクが高まっているためで、政府直轄の監督チームが常駐し、リスク管理や内部統制にあたる。

ただ、市場の動揺を回避しつつ、巨額の債務を抱える恒大の経営を改善できるかは見通せない。

ブログ記事②

広東省政府は3日夜、恒大創業者トップの許家印氏を呼び出して事情を聞き取った。

恒大の求めに応じる形で、経営リスクへの対処や内部統制を強化するための監督チームを同社に派遣することで合意したという。

これまでも地元政府は恒大への監視を水面下で続けてきたが、対応レベルを引き上げた格好だ。

ブログ記事③

中国メディア「財新」によると、この2カ月ほどで広東省以外の複数の地方政府も、地域内にある恒大の未完成のマンションの工事や労働者への支払い状況を調べるチームをそれぞれ発足させて監視体制を強めているという。