新着情報⑤

今までは所得2,000万円超で、かつ、財産額が3億円以上の方は、確定申告時財産の内訳を財産債務調書に記載して税務署に提出する必要がありました。


これは、将来発生するであろう相続税の課税対象となる財産をある程度把握しておくというものです。


それを、財産が10億円以上の方は、所得0円でも財産債務調書を提出しなさいというものです。

新着情報④

政府・与党は資産家の税逃れに対する監視を強化する。

総資産が10億円以上ならば所得の大小にかかわらず保有資産の状況を提出するよう義務付ける。

近くとりまとめる2022年度の与党の税制改正大綱に明記する方針だ。

富裕層と低所得層の税制面での不公平感を緩和する狙いがある。

新着情報③

あらゆる産業でDXが推進され、ペーパーレス化が進んでいる。


一見エコな動きだが、世界的なデータ量の増加が間接的に環境破壊のリスクを増幅させているという。


膨大なデータの管理・運用による電力消費やストレージ使用の拡大により、CO2排出量や電子製品の廃棄物が急増しているのだ。

新着情報②

さらに興味深いのが、アプリからの注文で付与される2つのポイント制度「Flash ポイント」「ロイヤリティポイント」だ。

「Flash ポイント」は注文するたびに付与されるもので、ポイントはドリンク購入時に利用することができる。

新着情報①

そこで今、GAFAMなどのIT企業がデータの保管ツールとして導入して注目されているのが、半導体メモリーでもハードディスクでもない「テープストレージ」。


通電せずにデータを保存できるため、ハードディスクと比較して約95%もCO2排出を減らせるという。